〜ワタリドリの視線〜
カッサンドル・ポスター展 埼玉県立近代美術館

 

「カッサンドル・ポスター展 グラフィズムの革命」を観に北浦和の埼玉県立近代

美術館へ。
20年代、技術革命による大量生産と大量消費時代の空気を、ダイナミックなグラフ

ィックに落とし込み著名になったデザイナー、カッサンドル。本展はそのカッサン

ドルの貴重なポスターを収集していたMEN'S BA-TSU創業者・松本瑠樹氏のコレク
ション展である。

北浦和は浦和と違ってほっとするような地方都市、小さな美術館なので正直あまり

期待していなかったのだが、展示数も多くあまりに充実した内容に時を忘れてつい長居してしまった。

続きを読む >>
posted by WATARIDORI | 22:14 | アート | comments(0) | trackbacks(0) |
麗しき花実

 

 

乙川優三郎の「麗しき花実」を読んだ。
いつもはあまり江戸時代の歴史ものを読むことが無いのだけれど、この小説は主人公

が町人で、しかも女蒔絵師と江戸琳派の著名な絵師で・鈴木其一との交流を描いた物

語だと聞いて俄然気になった。
きっと膨大な資料を参考にしたのだろう、漆工房や蒔絵の作業の様子、当時の江戸の
町やそこに暮らす庶民たちの息遣いが細かな描写により目に浮かんでくるようだ。

続きを読む >>
posted by WATARIDORI | 22:46 | | comments(0) | trackbacks(0) |
Rut Bryk

 

 

タピオ・ヴィルカラはフィンランドのイッタラ社で多くの個性的なガラス製品を残し

たデザイナーとして有名だが、その妻でセラミックアーティストのルート・ブリュー

クについては日本ではあまり知られていない。かく言う僕も、ある人のコメントをき

っかけに昨年初めて知ったのだが、その作品の写真を観た途端得体の知れない衝撃を
受け虜になってしまった。

ネット上にも彼女の情報は少なく、日本語で書かれたページでは詳細なことはあまり

分からなかったのだが、何かにつけその絵が目の裏にチラチラ浮かび気になって仕方

なくなってしまった。

続きを読む >>
posted by WATARIDORI | 22:34 | アート | comments(0) | trackbacks(0) |
阿部海太郎ピアノソロ -高山裕子の絵によせて-

 

 

阿部海太郎ピアノソロコンサート -高山裕子の絵によせて- に行った。会場の葉月ホ

ールハウスは、杉並区にある善福寺公園の小さな池のほとりに建つ小さなギャラリー。

バスで西荻窪の繁華街から少し離れるとほどなく静かな住宅街に入る。池沿いにしば

らく歩いてゆくとその建物はあって、通りから半地下に降りたところにギャラリー空

間が広がる。

今回は高山裕子さんというイラストレーターの個展のために企画され、「冬の音」と

題された彼女の作品たちに囲まれて聴くコンサート。

続きを読む >>
posted by WATARIDORI | 00:31 | 音楽 | comments(0) | trackbacks(0) |
この世界の片隅に

 

 

映画「この世界の片隅に」を観た。
当初はその存在すら知らず、むしろ「君の名は。」を観ようかと思っていたのだが、

多くの知人もこの映画を絶賛していて俄然興味を持ってしまった。
観たのはじつは昨年末。だけどそのときはいろんな想いが溢れてしまって文章とし

てまとめることができなかった。そしていざ思い出そうとすれば、今でもあのとき

の感情が脈絡もなく湧きだしてくる。

続きを読む >>
posted by WATARIDORI | 23:47 | 映画 | comments(0) | trackbacks(0) |
音楽手帖

 

 

この一年もたくさんの素晴らしい音楽との出会いがあったが、おそらく今年最後にな

る出会いが訪れた。ピアニスト阿部海太郎のニューアルバムがリリースされ、なんと

か年内の配達に間に合ってくれたのだ。
阿部さんの音楽を意識して聴きはじめたのは、BSで放映された旅番組がきっかけだっ

た。その番組自体良質な映像と地元に一歩踏み込む濃い内容が特徴で、毎回世界中の

市井の人々の暮らしを垣間見るのが楽しみだったのだが、それを盛り上げ強い印象を
残したのが阿部さんが書き下ろした番組テーマ曲の「Moments Musidaux」だった。

続きを読む >>
posted by WATARIDORI | 16:12 | 音楽 | comments(0) | trackbacks(0) |
アニメーションの神様、その美しき世界

 

青山のシアターイメージフォーラムに「アニメーションの神様、その美しき世界」

を観に出かけた。
手塚治虫や高畑勲をはじめ多くのクリエーターに影響を与えてきたロシアのアニ

メーター、ユーリー・ノルシュテイン。彼の生誕75周年を記念して代表作6作品

が初めて日本でデジタル・リマスターされ、今回はそれらを一度に公開するとい
う興味深い企画上映会だ。

続きを読む >>
posted by WATARIDORI | 23:49 | 映画 | comments(0) | trackbacks(0) |
Search this site